わかまつごうHP

works

 

img_9053

【クジラ】2015年作

何故クジラなんだ?と何人かに聞かれた。なんでだろう。いつもちまちました絵ばかり描くので今度のジャケットは大きな絵を描こうと思ったら気がつけばクジラだった。東京の笹塚に住んでいた頃の家にはロフトがありさらにその天井に窓がついていてそれが潜水艦のハッチみたいになってて世田谷の空とそんなに高くない建物の屋根たちが見えた。それを僕はとても気に入っててそのごちゃごちゃした世田谷の空にクジラに似た雲を見た、のかもしれない。

トレイ下

GO!のCDの中で使われてる子の写真の景色がそう。これは自分のアイフォンで撮影。なんとなく窮屈な気分だったのを大空に浮かぶクジラという形で解放したかったのかもしれない(全て後付けです)筆ペンで描いた。実はこのクジラの前にもう一頭描いてるがそちらは目がもっと鋭い感じで怖かったのでこちらを採用。

 


picture_pc_027c1877493908b0ad8db199d89528ac

【夜景】2015年作

書いたのはクジラの絵よりも後。やっぱり、ちまちましてしまうんだよな。真っ黒い画用紙に絵の具を爪楊枝につけてポンポンんとひたすらに書いていった。こちらもこの前に一度練習を兼ねて描いてみたバージョンがある。絵のイメージは長崎の稲佐山が新世界三代夜景に選ばれたという何年か前の記事をネットで見たときからあった。アリガトーミュージックスタッフの藤田君がこの絵僕めちゃくちゃ好きです。ポストカードにしましょう。といってくれたのを覚えている。

 


img_4920

【街に響くラブソングMV】2015年作

兼ねてからパラパラ漫画を作って見たいというのはあって、レーベル社長から、自分でMV作って見たらどうだ?と言われた時にピーント来て作ることを決めた。といっても僕は絵とストーリーを作って描いただけで最終的にまとめてくれたのは鈴木新吾さんという映像ディレクターさん。ひごさつまのすきすきマーチの監督さんでもある。パラパラ漫画って本当に枚数を描かなききゃいけなくてトレーシングペーパーに筆ペンで描きまくった。近くの百均で筆ペンを買っていてすぐに使い切るから店のを買い占めちゃってて、店の人はなんで?とびっくりしてたかもしれない。いちばんのお気に入りのシーンは文字がたくさん通り過ぎてってそのうちその後悔の言葉たちに自分自身が消されちゃう所。あとは過去の自分達が泡みたいになって飛んでくとこは上手く描けたなと思う。正直描き始めた最初はオチとか決まってなくて、会社には泣けるやつで頼む!とか言われててかなりプレッシャーでした。今思うとここもっとこうしたいとかあるけどもうしばらくパラパラ漫画は描きたくないかなあ。とかいってすぐ描くかもしれないけど。お蔭様で歌もさることながらMVもかなり思い入れのある作品になりました。MVは動画の項目で見れます。

 


picture_pc_64fd33f574ec49a99932592532358145

【六畳一間】2015年作

ボヤケルズの配信シングル用に描き下ろした絵。まあ単純な思いつきでタイトルから着想。ちなみにこの間取りは僕が東京出てすぐに住んでいた永福町の超狭い家の間取り(ボヤケルズのうたはしなないのMVで鍋食ってる家がそれです)だから本当は六畳一間より狭いと思う。四畳半?くらいだろうか。実際は洗濯機を置くとこに冷蔵庫置いてたから洗濯機はなかった。このご時世洗濯板で洗濯したりしてた懐かしいあの頃。僕は釣りが好きでイカ釣りのエギングを好んでやるのだが、そのエギのカラー、マーブルカラーをイメージした家の中のほのかな色味。この時に合わせて描いたボヤケルズ三人がこけしになったようなイラストもあったが日の目を見ることはなかった。

 


picture_pc_2edad6f8cafcbbfbf444a06f038d8fe2

【ビヨンド】2014年作

ボヤケルズ2ndアルバム『ビヨンド』ジャケットイラスト。収録曲のマーブルからマーブルチョコを連想して小さな丸をたくさん描いた。いつもの手法でまず画用紙に色を塗ったあとボールペンで絵を書いて行き今回はさらにその上から色鉛筆で塗っていった。一個だけタツモンっぽい丸がいるが、本当はメンバー全員を描きたかったがタツモンを描いてみて、うわ!目立つなこれと思ってやめちゃった名残である。このCDは歌詞カードが手書きに戻っていて僕の大好きな茶色い紙の折り畳みの歌詞カード仕様になっている。ジャケット裏のメンバー写真と僕の絵がドッキングしてるやつもお気に入り(下の画像)。ちなみにあれの撮影も僕の永福町の家。

imgres-1

写真はタナベケイコさん。写真だけでなく僕の描いた絵をとても可愛くCDのジャケット盤面いたるところに散りばめてくれた。ちなみにボツになったが収録曲名をわしの色紙で切り絵みたいにして作ったやつもある。

 


picture_pc_df84d5a24887945c04037dc8999ee4d3

【ふるさと】2014年作

ボヤケルズシングル『ふるさと』ジャケット用に製作。またまた登場いつものパターン絵の具で塗った後にボールペンで絵を描き、更に今回はそこに砂絵を施して見た作品。そもそもこれを描こうと思いついたのが新宿の大好きな文房具店『世界堂』にいった時に砂絵ようなのかジオラマ製作ようなのかの砂、色砂が売られてい他のを見て、これで何かできないかなと考えたのがきっかけ。絵の上にボンドを塗っていきその上から砂を落としていく。ボンドのついたところの砂は絵にくっつくが他のは落ちていくのでこれの制作時期は家が砂だらけになった。が、鹿児島でたくさん火山灰に家を侵食されていた身としてはへっちゃらだった(ズボラなだけかもしれない)

 


picture_pc_fe54f0259963124aa51f1a432255c71b

【桜島と錦江湾と街並み】2013年作

東京に出て初めて描いた絵。作風としては2012年作の『薩摩川内』と同じ。それの鹿児島市バージョンといった感じ。ボヤケルズのデビューアルバム『上京48日目』用に制作。ちなみにこの赤いバージョンが大元で、この赤いやつはプレデビューアルバム『上京48日目かごしまなまり』と言うアルバムに使用されている。青いバージョンがデビューアルバムとして広まったと思うのだが、あれはこの絵を加工したもの。黄色いバージョンを作ると言う案もあった。どんだけ違うバージョン作るんや!って感じですね。ちなみにこのタッチの桜島の絵は『うたははしなないMV』にも登場するが、あれは再度そのために描き直したもの。よーくみると2回目に描いたMVバージョンの方が上手い(笑)この手法は正直お気に入りなのでまた描くと思う。大きなのとか描きたいなあ。

imgres

 


image1

【薩摩川内市】2012年作

更新中待ってね。